MENU

まとめる借り方を考えるなら低金利の借り入れ先を見る

借り入れの件数が増えてしまって返済が手間になっている、負担になっているといった方は、借り入れの一本化を考えてみるべきです。借り入れの一本化では金利の低下を最も期待する借り方となるため、当然ながら借り入れ先は低金利でなければなりません。

 

もともとの借り入れ先の金利が高ければ銀行カードローンでの一本化、つまりおまとめローンの利用で金利負担は低下するものですが、消費者金融でも比較的金利を抑えて借りられていた場合には、銀行での借り入れでもしっかりと選ぶ必要があります。

 

その際に注意をしておくべきは、全体としての金利ではなく借り入れの希望額に応じた適用金利です。銀行では限度額に応じて金利が変わるようになっているところが多いため、全体の金利を見ても意味が無い場合があります。借りる金額、一本化を行う金額での適用金利を見ればおまとめ前後での金利比較もしやすく、より正確な返済の計画が立てられるようになります。

 

また、加えて見ておきたいのが毎月の返済金額や最終的な返済総額です。毎月の返済金額が少なければ余裕のある支払いで毎月が過ごせますが、その分だけ返済期間が長期化することで返済総額が膨れ上がってしまいます。

 

金利が下がっても返済期間が長くなることによっておまとめ前よりも返済の総額が増えてしまう場合もあるので、一本化を行うおまとめローンでの借り換えを考える場合には、金利と返済に関してはしっかりと見ておくようにしましょう。