MENU

銀行のカードローン契約で送られてくる郵送物

カードローンの契約は内緒で行いたいもので、できることなら家族にも知られたくないと考える方が多いです。大手のしっかりとしたカードローンサービスであればプライバシーを守ってくれるのでばれてしまう可能性も低いですが、ばれる原因の一つとなる郵送物に関しては気にする方が多いです。

 

消費者金融であれば契約機利用で郵送物の無いカードローン契約が可能となりますが、銀行でのカードローンは店舗や契約機での手続きができないところが多く、Webや郵送での契約となるためにどうしても郵送物が出てきます。どのように届くのか、どのようなものが届くのかは不安に感じる部分でもあるので、銀行での借り入れの中でも人気が高いオリックス銀行カードローンを例に挙げて見てみます。

 

まず、銀行カードローンの契約時に送られてくる郵送物は、基本的にカードと契約書類となります。契約後の利用における明細はWeb上での交付が一般的となっているので、希望をしない限りは郵送されることはありません。ただ、借り入れ先によってはサービスが異なる場合があるので、気になる方はしっかりと確認をしてください。

 

カードと契約書類は封筒に入って送られてきますが、差出人名や封筒の外側にはカードローンに関する記載はされていません。オリックス銀行のカードデスクからの郵送物となっており、銀行の通常業務でも使用される封筒のために特に怪しい部分はありません。

 

つまり、封筒を見ただけではカードローンの契約とは分からないようになっており、外部からはどのような書類なのかは分かりません。内緒で借りられるようにプライバシーに配慮をしてくれているので、銀行での借り入れを考える方もオリックス銀行カードローンの郵送物を参考にしながら、手続きを進める際の不安要素を取り除くようにしましょう。